昭和41年にこの圃場が君津に開設して以来、この地から送り出した樹木は数知れません。その樹木は、日本全国の公園や街路また工場地帯へと、それぞれの街に根を張り、花を咲かせ、木陰をつくり、その土地の人の営みに溶け込み、潤いのある環境や景観を創り出し、そこに生活している人々に癒しや潤いを提供してきました。
 これからも引き続き、自然環境との共生をテーマに、樹木生産技術や環境創造を活かした社会貢献を目指すとともに、開墾以前から大切に守られてきた樹齢100年を超えるヤマザクラの巨木をはじめ、これまで四季を通じいろんな植物に彩られる君津の貴重な自然を、君津の宝として後世に残すことも、大事な使命と考えています。
 さらに、名前を「きみつのさんぽ道」とあらため、君津鹿野山の豊かな自然とともに、もっと多くの市民の方や都会の方が、より気軽に親しんでいただける、花と緑の里山を目指しています。

君津圃場の開墾から40年あまり。開墾初期まばらに植栽された樹木が現在一つのまとまりを呈する林となりました。その40年の間に君津圃場での取り組みや場内環境は変遷の一途を辿ってきました。

↑君津グリーンセンター開拓のようす

↑人力開墾のようす

↑初期の圃場

↑ガーデン&アーボリータムとして整備された圃場の一部

↑淡路花博記念庭園移設工事のようす

君津グリーンセンターの始まり
~首都圏での植木生産の拠点づくり~

 君津グリーンセンターは、1966年に内山緑地建設株式会社の樹芸林業千葉試験場として樹木生産を目的に開設されました。当時、造園の主要なニーズとして工場緑化がありました。千葉県では京葉工業地帯の造成が行われていて、工業地帯の緑化工事に大量の樹木が必要な時期でした。
 自社では、樹木生産を本社(福岡県久留米市田主丸町)のある九州地区を中心に行っていましたが、九州から関東まで樹木を送ると十日はかかり樹木の鮮度が保たれなかったため、首都圏の植木生産基地を開設する事にしました。

環境緑化技術研修所の開設
~社外向け研修施設や研究のフィールドとして~

 樹芸林業千葉試験場時代、全寮制の付属環境緑化技術研修所を設置、造園技術者を養成していたことがあります。この研修施設は1977年から1985年まで、八年間の開設ではありましたが、一企業が企業外に門戸を開いた研修施設の開設は当時極めて希なことでした。
 生徒は造園関係の師弟、企業の緑化担当者、海外からの研習性と幅広い層から応募があり、実技と座学の即戦力となる技術者の養成を目指しました。教師陣は、造園界で活躍されている大学教授、現場で活躍されている経営者、緑化木生産の技術者など多彩な顔ぶれで、多くの人々がこの研修所に興味関心を持ち、学び舎として利用しました。
 又、国交省、緑化センター等の諸官庁から、樹木に関する委託試験受のけ入れ、都市緑化用緑化工法の開発なども取り組みました。

君津グリーンセンターの活動
~フィールドの様々な使い方~

 時代の変遷と共に緑化の考え方か大きく変わり、使われる植物、栽培方法等の転換が求められるようになりました。1985年、樹芸林業千葉試験場は現在の君津グリーンセンターの名に改名され都市緑化・住宅緑化で求められている質の高い、彩のある樹木栽培・コンテナ栽培が行われるようになりました。
 君津グリーンセンターでは時代の要請を受け入れ、地域のハンデーキャプストの研修の場として又地域の方々のグリンセミナーの場所としても開放いたしました。又最近では、海外の緑化研究に取り組む学生や森林インストラクターのフィールドとしても開放されています。

内山ガーデン&アーボリータムの始まり
~内山の歴史が蓄積された空間を活かして~

 樹木生産方法の移行や山の斜面にある運搬効率の悪さなどから圃場の一部はだんだんと利用されなくなっていきました。せっかくある広大な土地を有効に活用できないものかと、1993年に新しい事業領域として君津グリーンセンターの一部をガーデン&アーボリータムとして利用する計画が立ち上がりました。圃場は自生の樹木や生産する樹木の母樹が大きく成長して山の一画を形成するまでになったため、一般の方々にそのような樹木や植物に親しんで頂ける場を開設したいという思いをもとに計画は進んでいきました。1999年、圃場の一部を整備して丘陵つたいに桜を鑑賞できる散策路などを開設、第一回花逍遥の会を催し、初めて一般の方々に公開しました。これが君津ガーデン&アーボリータムの始まりです。2000年に淡路島で開催された国際園芸・造園博「ジャパンフローラ2000」にて出展された淡路花博記念庭園を君津ガーデン&アーボリータムに移設する機会を頂き庭園エリアが加わりました。その後、散策路や庭園は広がっていき、現在の君津ガーデン&アーボリータムに至ります。

「きみつのさんぽ道」
地域と一体となった活動の始まり

 このたび、この圃場を、「きみつのさんぽ道」と改め、より多くの方にもこの場所を楽しんでいただきたいと、オープンガーデンとして開放することにいたしました。
 鹿野山一帯の自然豊かな歴史や文化また、観光資源と一緒に、この場所が植木や造園、そして庭園、ガーデニングなど「緑のテーマ」を通して、地域と一体となって、より、広く親しんで、いただければと考えております。
 一度壊された自然は、それを修復するには多くの時間が必要となります。私達がここへ来る前から住んでいるヤマザクラやコナラなどの先住民、そしてその後に育った多くの樹木や、草花、そして、それを包むこむ「きみつの自然や里山」が、君津の貴重な財産として、引き続きこのあとも次の世代に大切に残されていくことを願ってやみません。